MENU

CLOSE

妊活の大敵!冷え症とストレスを改善する方法と効果的な食品とは

妊活の大敵!冷え症とストレスを改善する方法と効果的な食品とは

67views

カテゴリ:妊活を始めるときに考えること

「冷え症」と「ストレス」は妊活の大敵!しっかりと対策を考えましょう

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

冷え症が妊活に与える悪影響のメカニズム

子宮や卵巣は身体の冷えによる悪影響を他の臓器よりも受けやすいので、冷え症改善は妊活や不妊治療の基本といわれます。身体が冷えて血行が悪くなると、血液は生命維持に関わる場所に優先して送られます。

その際、生殖活動に関わる部分への血液供給が後回しにされるため、充分な血液が送られない子宮や卵巣が冷えてしまいます。その結果、生殖機能が低下して受精卵の着床が困難になったり流産する可能性が高まるなど、妊活や不妊治療に悪影響を与えてしまいます。

冷え症を改善する方法

冷え症改善で大切なのは、首とお腹周りを温めることです。夏でもエアコンが効いた室内は肌寒いので、腹巻きやカーティガンなどを利用して身体を温めることが大切です。また、身体を洗う際にはシャワーだけで済まさず、しっかりと湯船に浸かり身体を芯から温めることが大切です。

その際は熱いお湯に短時間だけ浸かるよりも、ぬるま湯で長時間の半身浴を行う方が高い効果を得られます。そしてヨガや骨盤まわりのストレッチ、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことでも冷え症を改善できます。

また、身体を冷やさないために特に重要なポイントが「足元」です。血液は全身を流れていくものですが、特に足元に来た血液は重力に逆らって上に昇っていく必要があります。足元が冷えていると血流が悪くなり全身に血が回らなくなってしまいます。そこで、特に足元を冷やさないように温めること、締め付けの弱い靴下などで血液の循環を妨げないようにする、足湯で温めたりマッサージで血液を循環させることを意識しましょう。

また、男性も冷え症の影響で生殖機能が低下するため、夫婦で身体の冷えに注意する必要があります。

冷え症を改善する食品を摂取しよう

冷え症を改善する効果を持つ主な食品としてザクロ・たんぽぽ茶・生姜を紹介します。

  • ザクロ

ザクロには「植物性エストロゲン」という女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれています。ホルモンバランスを整えることで血行を促進し、冷え症を改善する効果を発揮します。植物性エストロゲンはザクロの種子に含まれているので、果肉と一緒に種子もすり潰したザクロジュースなどを摂取することが大切です。

  • たんぽぽ茶

たんぽぽが含んでいる「タンポポショウキT-1エキス」は、脳下垂体に働きかけて女性ホルモンの分泌を促すことで冷え症を改善する効果を発揮します。

お茶やコーヒーはタンニンを含むため食事中に飲むと大切な妊活成分である鉄分の吸収を阻害しますが、たんぽぽ茶はノンカフェインなので食事中も安心して飲むことが出来ます。薄いコーヒーのような味ですが、苦手な方は成分が配合されたサプリを利用することが効率的です。

  • 生姜

生姜を加熱したり乾燥することで生まれる「ショウガオール」という成分は、胃の粘膜に作用して身体を芯から温めることで冷え症を改善する効果を発揮します。乾燥した生姜を含んだサプリや、暖かい生姜湯を利用して摂取することが効果的です。

他にも良い成分はたくさんあります。妊活サプリメントの成分一覧などを参考に摂り入れてみてください。

ストレスはゼロにはできない!「どう付き合っていくか」が大事

5a75eb1a6e9a6c933c9d9e6ea0fd65a7_s

ストレスが妊活に与える悪影響とは

強いストレスはホルモンバランスが乱して生理不順や排卵障害、着床障害を引き起こす場合があります。そして妊活や不妊治療が上手くいかないことでストレスが溜まり、妊娠がより遠ざかるという悪循環に陥る可能性があります。男性もストレスが原因でED(勃起不全)や性欲減退、精子の質の低下などの症状が現れるため、夫婦共にストレスを溜めないことが大切です。

ストレスを溜めないために何ができる?

「ストレスを溜めないことが大事」と言われても「そんなことわかってるよ」「できるならそうしてるよ」と思うのが普通でしょう。
ストレス解消法や発散方法はそれぞれあると思いますが、結局一時的なもので終わってしまうことが多いものです。

ストレスを溜めないためのポイントとして以下のものがあります。

また睡眠不足は自律神経が乱して体調不良を引き起こすことでストレスを生む原因になるため、充分な睡眠をとる必要があります。早寝早起きの朝方生活を心がけて、7時間程度の睡眠をとることが大切です。また、適度な運動を行うことでストレスを解消できます。しかし、激しい運動は卵子や精子を老化させる原因である活性酸素を体内に増加させるので控える必要があります。

ストレスの悪影響を抑える食品

ストレスの悪影響を抑える主な食品は以下の通りです。

  • トレイルミックス

糖分の摂取はストレス解消の効果がありますが、過度の糖分はホルモンバランスを崩して妊活や不妊治療に悪影響を与えます。しかしトレイルミックスは糖分を含むドライフルーツとナッツ類がバランスよく含まれており、糖分を摂りすぎることがありません。また、ナッツ類は抗酸化作用を持つのでストレスが原因で発生する活性酸素の悪影響を抑制できます。

  • 大豆食品

大豆に含まれている「大豆イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きを持つため、ホルモンバランスを整えてイライラや不安などを解消する効果を発揮します。そのため大豆は妊活サプリの人気成分にもなっています。食事やサプリ以外にも黒豆茶などのお茶から成分を摂取することができます。